復興支援!ボラバスねっと岐阜

東日本大地震の被災地に復興支援のボランティアバスを送るグループの情報サイトです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1月27日から29日まで宮城県南三陸町へ行ってきました。
KIプロジェクトのボランティアバスです。
(一応KIプロジェクトの理事もやっています)

総勢41名…真冬なのにほぼ満員の参加者。
すごい!

新潟経由の予定でしたが、大雪のため北陸道は通行止め。
やむを得ず、中央道、北関東道経由で南三陸町へ。

東北道は大雪のためところどころ渋滞。
国見SAも雪が降り積もっていてびっくりです。

南三陸町では晴天でしたが、ときおり雪が舞っていました。

今回の活動は、漁業支援ということで
筏のアンカー作り。
大きな袋に70kgほどの砂利を詰め、ロープで縛る作業です。

砂利がこぼれないように口をきっちり縛るのが難しい。
3人のグループでローテーションしながら作っていきました。
だいたい3分で1個の割合でできていきます。

そこから計算すると
全体では少なくとも800個のアンカーができました。

食事は地元の奥さんたちに頼んで、カレーを作ってもらいました。
もちろんお金は払いましたよ。

地元の漁師さんたちも、取れたての牡蠣を
蒸したり、汁にしたりして振る舞って下さいました。

うまい!

帰り、国見SAで休憩したとき
京都ナンバーのバスを見つけ、近づいてみると
立命館宇治高校のボランティアバスでした。

高校として活動できるなんてすてきですね。
立命館宇治高校に敬服しました。

多くの若い人に現地の様子を見ていただきたいものですね。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。