復興支援!ボラバスねっと岐阜

東日本大地震の被災地に復興支援のボランティアバスを送るグループの情報サイトです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
復興支援!ボラバスねっと・かにかもは、3月10日~11日のボランティアを募集します。

定員に達しましたので募集終了しました。ありがとうございました。
KIプロジェクトの追悼ツアーはまだ余裕があります。

なんと、3月11日の活動は
陸前高田市の桜ライン311の運営ボランティアになりそうです決定しました


植樹ボランティアはすでに満員で、できなかったのですが、
運営側のお手伝いができそうです。

詳しいスケジュールは次の通りです。

日 程:3月9日(金)夕~12日(月)朝 (1泊4日)
定 員:40人
スケジュール
3月 9日(金)午後7時岐阜県庁出発(車中泊)  
3月10日(土)宮城県七ヶ浜で終日ボランティア活動
      この日は北上市のビジネスホテルで1泊
3月11日(日)岩手県陸前高田市で
      終日桜ライン311の運営ボランティア
      温泉で一休みしてから岐阜に向かって出発(車中泊)
3月12日(月)朝、岐阜着

費 用:15000円(バス代・宿泊費込み→間違いありません)
    食事は各自取って下さいね。
主 催:絆プロジェクト実行委員会(復興支援!ボラバスねっと・かにかもも入っています)


参加ご希望の方は、カテゴリーの中の「ボラバスのお申し込み」をご覧下さい。
その上で、申し込みフォームをコピーし、左のメールフォームを使ってお申し込み下さい。
3月5日までにお申し込み下さい。
KIプロジェクトさんの企画です。

追悼!気持ち・いっぱいツアー

期日:3月10日(土)~3月12日(月)(1泊3日)

スケジュール
3月10日(土)午前7時 美濃加茂市昭和村出発
        午後5時 会津若松市着 ホテルにて宿泊
3月11日(日)午前8時 ホテル発
        午後1時 南三陸町着 追悼の時間
       (今回はボランティア活動はありません
        午後5時 帰途へ(車中泊)
3月12日(月)午前7時 美濃加茂市昭和村着

募集人員:70名
費用:大人24000円、高校生22000円、小中学生20000円
 ※1.費用には、バス代・宿泊費、10日夕食、11日朝食、昼食が含まれます
 ※2.会津若松ワシントンホテルの場合は500円プラスになります。
 ※3.リラックスシートタイプのバスの場合2000円プラス(要申し込み)

お申し込み先:KIプロジェクト(クリック)

分からなければ、左の「ボランティア申し込み欄」を利用して
3月5日までにお申し込み下さい。
私の方から転送しておきます。

KIプロジェクトさんの企画です。


期  日:平成24年2月17日(金)~2月19日(日)
     (0泊3日・車中2泊)
2/17(金)
 19:00 美濃加茂市 日本昭和村駐車場
  20:00 金山町   ドライブイン飛山
20:30 下呂市   益信本店駐車場
(車中泊)
2/18(土)
8:00 宮城県南三陸町
      ボランティアセンターの指示により決定します。
16:00 作業終了(作業終了後にスーパー銭湯に寄ります)
2/19(日) (車中泊)
  5:00 下呂市   益信本店駐車場
5:30 金山町   ドライブイン飛山
7:00 美濃加茂市 日本昭和村駐車場
費  用:バス・保険代等 11,000円
      昼食・お風呂代  1,200円
        合   計   12,200円
募集人員:40名
締  切:2012年2月16日(木)
      定員になり次第締め切ります。
主  催:KI(気持ちいっぱい)プロジェクト

第8回も南三陸町へ行きました。日中でも氷点下の港で漁師さんたちは筏のアンカー作りに追われています。まだまだ人の手が必要です。たくさんの方と一緒に活動ができることを望んでいます。

冬になり風邪やインフルエンザが流行る頃ですので、出発前の体調管理をしっかりしてください。

お問い合わせ・お申し込みはこちら(←クリック)から受け付けます。

(金山印刷所さんのお問い合わせフォームです。
お問い合わせ内容欄に「ボランティア希望」、※印欄をすべてご記入して送信して下さい)


また、左カテゴリーの「申し込み方法」からでも申し込みができます。

1月27日から29日まで宮城県南三陸町へ行ってきました。
KIプロジェクトのボランティアバスです。
(一応KIプロジェクトの理事もやっています)

総勢41名…真冬なのにほぼ満員の参加者。
すごい!

新潟経由の予定でしたが、大雪のため北陸道は通行止め。
やむを得ず、中央道、北関東道経由で南三陸町へ。

東北道は大雪のためところどころ渋滞。
国見SAも雪が降り積もっていてびっくりです。

南三陸町では晴天でしたが、ときおり雪が舞っていました。

今回の活動は、漁業支援ということで
筏のアンカー作り。
大きな袋に70kgほどの砂利を詰め、ロープで縛る作業です。

砂利がこぼれないように口をきっちり縛るのが難しい。
3人のグループでローテーションしながら作っていきました。
だいたい3分で1個の割合でできていきます。

そこから計算すると
全体では少なくとも800個のアンカーができました。

食事は地元の奥さんたちに頼んで、カレーを作ってもらいました。
もちろんお金は払いましたよ。

地元の漁師さんたちも、取れたての牡蠣を
蒸したり、汁にしたりして振る舞って下さいました。

うまい!

帰り、国見SAで休憩したとき
京都ナンバーのバスを見つけ、近づいてみると
立命館宇治高校のボランティアバスでした。

高校として活動できるなんてすてきですね。
立命館宇治高校に敬服しました。

多くの若い人に現地の様子を見ていただきたいものですね。

食べるボランティアチョコボ」が大人気です。

以前にも紹介しましたが、
1月14日から南三陸町ボランティアセンターで販売されています。
1箱1000円でそのうち約半分が支援金となっています。

うちの息子にも食べてもらったのですが
おいしいって言ってもらえました。

チョコボのネーミングは
「ちょこっとボランティア」から来ています。
商標の件も無事クリアできました。

先日も可児市文化創造センターのイベントで
飛び入り販売をさせていただきましたが、
持って行った分はすべて売り切れてしまいました。

現地以外では、通信販売で購入できます。
詳しくはKIプロジェクトのHP(←クリック)でご確認下さい。

残念ながら一般の店頭での販売はできません。
というのも流通経費がかかるため、支援金の分が少なくなってしまうからです。

経費はいらないからお店においてもいいよという方がおみえでしたらご連絡下さい。
また、フリーマーケットやイベント会場などで
直販してもいいという方(売るボランティア)も募集しています。


KIプロジェクトは現地に行かなくてもできるボランティアをまだまだ出していきます。
いいアイデアがありましたら、一緒に実現していきましょうね。
メールフォームから受け付けていますよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。